HOME>特集>消費者が求めることを差別化して与えてくれている

競合との差別化が評価

マンション

安心・安全な街づくりから個人の住まいづくりまで担うのが、不動産会社です。評判の良さが業界全体にも関わってくるのは、ゼネコン・不動産・住宅というピラミッド型に構築されているからです。不動産業も大きく3つに分かれていて、開発・賃貸・仲介です。なかでも、地域に根付いた強い企業として評判が高いのは、ハウスメーカーです。大手の独占市場でなく、中堅であるためか、各社とも工法やら設備、価格などで競合との差別化を図っています。

付加価値で対抗している

スーツの女性

なかなかビルやマンションを建設する個人もいないでしょうから、個人からの評判が良い不動産会社というのは、賃貸あるいは仲介分野に特化している会社でしょう。賃貸仲介会社は、地域に根付いた小規模な会社が多いようですが、地元の不動産オーナーとの関係を築くためだともいいます。これに対して、消費者1人1人にしっかり応えられない全国に支店展開している大手も評判は上々のようです。これは、自社サイトで生活情報を提供していることが理由のようです。難点をカバーするかのように、付加価値サービスが充実することで、入居者の獲得を図る仕組みです。例えば、中古品販売会社と提携し、入居者を対象に不要品を買い取るサービスを行う不動産会社もあるようです。

広告募集中